フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスイメージ1 フラワーエッセンスイメージ2 フラワーエッセンスイメージ3


フラワーエッセンスは、「花のエネルギー」を
太陽法、もしくは煮沸法などで水に転写した後に、
保存のためにブランデーや塩を加えて瓶詰めされた、自然由来のアイテムです。

アロマテラピーなどで使うエッセンシャルオイルとよく間違われやすいのですが、
植物から抽出した香料やオイルなど「物質的なもの」は含まれていません。
フラワーエッセンスに含まれているのは、それぞれの花が持つ固有の「エネルギー」。

形がないので少し想像しにくいのですが、
この花のエネルギーが、私たち人間の心や感情に作用し、
心を改善することで、体も健康を保ちやすくすることがわかってきました。


現在、数多くのメーカーで研究されていますが、樂庵ではおもに、一番歴史の古い
エドワード・バッジ(Edward Bach 1886~1936)博士が開発した、
38種類のフラワーエッセンスを使用しています。
(今後、オーストラリアのワイルドフラワーエッセンスの導入も予定しています)

バッジ博士は、イギリスの著名な医師であり、細菌学者、病理学者、ホメオパシー医としても活躍。
長い臨床経験を通して、病気の真の原因は体の外にあるものではなく、
その人の内面に生じるさまざまな感情の乱れが、心と体に不調和を起こすと考えました。

晩年は研究生活に入り、
「汝自身を癒せ」
「真の健康は部分的な治療ではなく、心の平安からもたらされる」
「癒しの鍵は自然の中にある」
との自身の哲学から、フラワーエッセンスを生み出し植物療法として確立。
現在、バッチレメディとして知られ、世界中で広く愛用されています。


わたしの実感では、いろいろな感情が自然に出てきて、
それを味わい切ることで、問題が乗り越えやすくなる。
感情が整理できるので、カラダに余裕ができる、という印象を持っています。

でも、いちばんの醍醐味はエッセンスを選ぶ過程かもしれません。
自分が選んだ花の持つ意味合いを知ったときに、
「あ~、そうだったのか」と妙に納得したり「こういう考えが必要だったんだな」と
毎回、思っている以上にたくさんの自分を発見したりします。

フラワーエッセンスは副作用や習慣性はないものなので、
面白そう、試してみたいな、と感じたら、お声をかけてくださいね。

前のページに戻る

HOMEへ戻る